もし報われない肉があるのならば、それはまだ肉と呼べない。

読めば気づく。君も肉バカであることを。

キミが行った店は「ガス」か?「炭火」か?

どうも、SOKUNPAJAMAです。

 

 

早速ですが、質問です!

 

みなさんは焼肉屋に行って

注目しているところはありますか?

 

 

肉の種類、値段、内装の雰囲気、店員さんの対応などなど・・・。

たくさん気になるポイントはあると思います。

(特に女性の方は細かいところまでチェックしてますよね〜)

 

 

 

いろいろとあると思うんですが

今回は個人的に一番チェックして欲しいポイントについて書こうと思います。

 

 

 

今度、焼肉に行ったら観察してみてくださいね!

 

 

チェックして欲しいポイント

それは、

 「肉を焼く設備」です。

 

簡単に言うと、

ガスタイプなのか炭火タイプかと言うことです。

 

 

 

 

焼肉という料理は特殊です。

肉を注文して自分で焼いて食べます。

つまり、

調理器具が備え付けられた机で食べる料理

とも言えるのです!

 

 

せっかく美味しい肉を食べるなら、

美味しく焼ける器具で調理したいよね!

ってことで詳しく説明していきます。

 

 

【ガスタイプのイメージ】

 

 【炭火タイプのイメージ】

 

 ほとんどの焼肉屋さんはこのどちらかだと思います。

 

ガス派・炭火派、どっちが優れているのか?

と言う議論もありますが、

どちらもメリット・デメリットがあるので一概にどちらが良いとは言えません。

(それぞれのメリット・デメリットについてはまた今後詳しく書こうと思います。)

 

 

 

 

さてさて、

これからガスと炭火それぞれの

オススメのお肉のチョイスと焼き方を紹介しますね。

 

焼肉に来たぞ〜〜〜!!

というシチュエーションを想像して

読んでみてください。

 

 

 

 

〜〜〜ガスの場合〜〜〜

 

ガスの最大の魅力は火力の安定感!!

そして、「網ではなく鉄板」であればなお良しです。

 

ガスの場合にオススメのお肉は

「厚切りのお肉」です!

ガスは火力が安定しているのでしっかり表面から熱が伝わります。

ステーキや鉄板焼きをイメージすると良いですね。

 

焼き始める前に鉄板をしっかり温めておくのがポイントです。 

 

 

 

 

 

〜〜〜炭火の場合〜〜〜

 

炭火は遠赤外線の効果で中まで熱が伝わりやすい

特徴があります。

ただ、火加減の調節がムズかったり、煙が出たりします。

赤身だと焼けムラがあったり、煙臭くなることもあるので

 

炭火の時はホルモン中心

がおすすめです。

 

中までしっかり火を通したいホルモン。

煙に燻されてより美味くなるホルモン。

炭火で焼くのが最高です

 

多少の煙は気にせず、ガンガン焼いてビールと一緒にいきましょう!

 

 

 

 

みなさん、なんとなくイメージできましたか?

 

 

簡単にまとめると

ガスなら厚みのある肉を!

炭火ならホルモンを!

 

ガスか炭火によって注文するお肉を考える!

なんか玄人っぽくて良いですよね。

みなさんも是非やってみてください!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

では!おやすミート!