もし報われない肉があるのならば、それはまだ肉と呼べない。

読めば気づく。君も肉バカであることを。

「塩対応」のありがたみ

お久しぶりです。

 

最近はジムばっか行ってて、あまり肉を食いに行けてません。

 

 

 

どうも、SOKUNPAJAMAです。

 

 

僕はジムから帰ってきて、自炊をするんですが

 

 

もちろん、肉を焼きます。

 

 

鶏肉や豚肉の日もありますが、やっぱり牛が良い。

 

 

赤身のステーキを誰にも邪魔されずに食う。

 

 

男の一人暮らしの醍醐味です。

 

 

 

 

そこで

 

今回は

ステーキ肉の焼き方のポイント!

 

 

 

「塩」に着目して書こうと思います。

 

 

 

 

ここの「塩対応」をしっかりすることが

 

肉への神対応だと思っております。

 

 

 

塩対応のポイントは3つです。

 

この3つだけ厳守すれば神になれます!

 

では、その3つとは

 

 

 

①サラサラな塩を

 

②焼く直前に

 

③高い位置からふりかける

 

 

これだけ!!

 

 

では、一つ一つ詳しく見ていきましょう。

 

 

①サラサラな塩 について

 

できるだけ粒が小さい塩を選びましょう!

 

 

肉の表面に均一にふりかけることが美味しくなる秘訣なのです。

 

 

粗塩とかハーブ塩は、焼きあがったあとの味付けに使うと良いですね。

 

 

 

②焼く直前 について

 

さぁフライパンも熱い!肉焼くぞ!!

 

 

このタイミングで塩をふって焼きましょう!

 

 

 

塩ふって放置しといたほうが良いんじゃね?

と思いがちですが、逆効果みたいです、、、。

 

 

肉の表面に塩が着くと「浸透圧」という現象で

 

肉内の水分やうま味が外に出てしまいます。

 

 

 

なので、

焼く直前に塩をするとジューシーに焼き上がります。

 

 

 

 

③高い位置からふりかける について

 

とにかく肉に均一にふりかける!のが重要です。

 

 

そのために高い位置からサラサラの塩を 

 

 

ふぁさぁ〜〜〜

 

 

っとふりかけましょう!

 

 

肉のまわりも塩だらけになってるくらいが丁度いいです。

 

 

万遍なくふりかける!

 

 

も◯みち君みたいに高い位置からやっちゃいましょう。

 

 

この3つのポイント。

 

サラサラの塩を

焼く直前に

高い位置からふりかける!

 

 

これだけでOKです!

 

 

今度ステーキ焼くときにやってみてください!

 

 

では!