もし報われない肉があるのならば、それはまだ肉と呼べない。

読めば気づく。君も肉バカであることを。

「ゴリラ」は何歳になっても面白い

 

「手段が目的化してはいけない」

 

 

ビジネス書でよく見かける言葉である。

 

 

簡単に言うと

 

 

プレゼンを成功させる!(目的)のために資料を作る(手段)

という状況で

 

 

せっかくだから綺麗でわかりやすい資料にしよう!

 

 

と意気込んで時間をかけて作り込む。

 

その結果、

 

素晴らしい資料はできたが肝心のプレゼンの練習はできてなくて良い結果が得られない・・・。

 

的なことである。

 

 

 

 

 

素晴らしい言葉だ。

 

 

 

目の前にあることを一生懸命に取り組むあまりに、

本来の目的を忘れてしまう。

 

 

 

良い意味で視野が狭くなってしまう。

 

 

 

 

 

そう思うと、自分にも当てはまる節があるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

自分は仕事が終わるとジムへ向かう。

週に3、4回のペースだ。

 

 

そして、

その日に予定していたメニューを着実にこなし、

追い込む。

 

 

レーニング後にはプロテインを摂取し、

就寝前にも摂取する。

 

 

もちろん、日中のサプリメントの摂取も欠かさない。

 

 

 

 

 

 

 

「何故、自分はここまでして体を鍛えているのか?」

 

 

 

 

ジムの会費、サプリメント代、そして貴重な可処分時間。

 

 

 

 

「何故、金や時間をフルベットしてまで体を鍛えるのか?」

 

 

 

健康のため、趣味の草野球のトレーニング、友達とジムに行くのが楽しい、、、

 

 

 

 

「理由はいくらでも思いつくが、それは全て建前だ。」

 

 

 

「これらは目的化してしまった手段なのだ」

 

 

 

 

 

目を閉じて、本当は何がしたいのか。

 

どうなりたかったのか。

 

 

 

 

自分の心の声に耳を傾けてみると、

小さな声が聞こえた。

 

 

 

 

 

 

 

 

「ゴリラ・・・。」

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴリラ・・・?

 

 

 

 

そうだ。ゴリラだ・・・。

 

 

 

 

 

自分はゴリラになりたかったのである。

 

 

 

 

 

「ゴリラやん・・・。」

 

 

このワードが結局、世の中で一番オモシロい。

 

シンプルなのに力強い、

馬鹿にしているようで愛があるツッコミだと思っている。

 

 

 

 

 

「ゴリラやん・・・。」

 

 

 

そう言われたくて初めたのが筋トレだったのだ。

 

いつから筋トレを始めたかははっきり覚えていないが

 

ゴリラ願望はかなり昔からあったことは確かだ。

 

 

 

 

 

ゴリラこそが本来の目的だ。

 

 

 

 

ゴリラと言われたくて始めた筋トレを続けるうちに

 

 

Tシャツの似合うガタイにしたい

コツコツ頑張る自分が凄い

モテたい

 

 

そんな綺麗事や欲望にいつの間にか、

目的が飲み込まれていったのだ。

 

 

 

 

「手段が目的化してはいけない」

 

 

 

そんな自分を戒める素晴らしい言葉だ・・・。

 

 

 

明日からゴリラを思い浮かべながらトレーニングに励もうと思う。

 

 

 

〜完〜

 

 

 

長文、読んでいただきありがとうございます!

 

今回は全く「肉」と関係ない記事で申し訳ありません。

 

イレギュラーで肉ネタ以外も書いていく予定です。

(肉ネタだけではなかなか、厳しい!笑)

 

 

今後とも、よろ肉お願いいたします!