もし報われない肉があるのならば、それはまだ肉と呼べない。

読めば気づく。君も肉バカであることを。

焼肉でもすき焼きでもない、「すき焼き風」と言う食べ方。

どうも、

肉にはいくらでもお金を出すのに寿司を食いにいくのに

寿司は回転寿司しか行ったことありません。 

SOKUNPAJAMAです。

 

 

昨日は11/29!そのまま読んで「いい肉の日」でした。

毎月29日は「肉の日」なんですが、いい肉の日は11月のみです。

29日はできるだけ焼肉に行こうと決めていまして、昨日も行ってきました。

 

 

 今回は

焼肉での「すき焼き風」という食べ方

について書いていこうと思います。

 

 

みなさんは焼肉屋さんで「すき焼き風ロース」とか見たことありますか?

全ての焼肉屋さんであるメニューではないと思いますが、少しずつ増えてきてるのでもし見つけたら食べてみてくださいね。

 

 

すき焼き風ってどんな食べ方なの?

 

簡単にいうと・・・

「すき焼きの一番最初!肉だけ食べるやつ!」

です。

 

まず、

大きめの薄切りのお肉(だいたいロース)を網の上におきます。

この時点でタレがついてて特に塩胡椒も必要ありません。

 

そして、サッと炙ったら裏返します。

 

裏面も焼き目がついて、肉の表面が「汗をかいて」きたらOKです。

 

溶き卵にダイブさせて、いただきます!

 

肉の旨味・タレの甘味・卵の優しさ

が口の中で融合して最高です。

 

 

ほとんどすき焼きを食べているような感じですが、

鍋でなく網で焼くということでまた違う旨さがあるんですね。

 

 

 

焼肉でもなく、すき焼きでもない、

「すき焼き風」という食べ方・・・。

僕はむっちゃ好きです。

 

「すき焼き風」なんていう呼び方、

すき焼きに頼らなくても十分独り立ちできると思います。

 

誰か、誰か名前をつけてあげてください! 

 

 

 

さて、今回は「すき焼き風」という食べ方について書いてきました。

 

みなさんも今度メニューで見かけたら頼んでみてください。

今までとは違う肉の一面を見れますよ!

 

 

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

感想やコメントがあれば気軽にお願いします。

 

では!おやすミート!