もし報われない肉があるのならば、それはまだ肉と呼べない。

読めば気づく。君も肉バカであることを。

ありがとう、キング牛丼。

もう1月が終わろうとしている・・・。

 

 

1日は長く感じるが、振り返ってみるとあっという間に日が経っていることに驚く。

 

 

 

正月に

 

「今年はいろんなことに挑戦しよう」

「新しいことをはじめよう」

 

 

と意気込んでいた。

 

しかし、

その意気込みは少しずつ、無くなっている。

 

 

 

なぜ無くなっているのかを考えてみると

 

 

 

 

「いつも通りの現実」に満足していることに気がついた。

 

 

 

まぁ、現状維持というか、平和ボケというか、

 

 

 

 

とにかく日々に細かな変化はあるものの、大きな単位で見ればほんの誤差で、変化を実感できていない。

 

 

 

ざっくり言うとそんな感じだ。

 

 

 

 

 

 

 

「あぁ〜なんか面白いことねぇかな〜」

 

 

 

 

と呟きながら生活しても

 

 

 

 

 

「あれ、面白いよ!」

「まじで〜」

「◯◯流行ってるらしいよ!」

「へぇ〜、調べてみるわ〜」

 

 

 

 

 

と友達と雑談しても

 

 

 

 

 

 

 

一ミリも現実は変わらないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

だめだな・・・。

 

 

 

 

このだらしない自分が作り出した閉塞感を打破せねば。

 

 

 

 

風穴を開けるしかない。

 

 

 

 

現実を変えるには、動くしかない。

 

 

 

 

 

 

そう思い、車のキーを手に取り外に出た。

 

 

 

 

 

どこに行くか、

どうするかなんて考えないままハンドルを握っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

我に返った時には、すき家に居た。

 

 

 

 

 

 

 

目の前には「キング牛丼」が置かれていた。

 

f:id:sokunpajama:20200130165904j:plain

キング牛丼

 

 

 

 

キング牛丼は米は並盛りの3倍、肉は6倍という裏メニューだ。

 

 

 

 

別に腹が減っている訳ではない。

 

 

 

 

 

 

ただただ、現実を変えたい。

それだけだったのだ。

 

 

 

 

無心で食べ進める・・・。

 

 

 

 

 

美味い。ひたすらに、美味い。

 

 

 

 

 

美味さを表現する日本語の少なさを痛感しながら食べ進めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしながら、量は多く、なかなか減らない。

 

 

 

 

 

 

半分ほど減ったところで、腹八分目くらいだった。

 

 

 

 

 

いつもなら

 

 

「これは多すぎるわぁ〜無理やわ〜」

 

 

と言い訳しながら撤退するところ。

 

 

 

 

 

 

 

だめだ、今日は食った先の景色を見たい。

 

 

 

 

 

 

 

 

卵、高菜などで味変しながら食べ進めるも

 

 

 

 

 

 

これはキツイ・・・。

 

 

 

 

 

やっぱやめよかな・・・。

 

 

 

 

 

心が折れそうになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもここでやめたら何も変わらない。

 

 

 

 

 

 

 

これは理不尽で不平等な世の中に抗おうともせず、

少しずつ譲り続けてきた弱い自分への禊だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遂に完食っ!!

 

 

 

 

 

 

そこには満腹を超える倦怠感よりも大きな達成感があった。

 

 

 

 

 

 

 

なるほど。

 

 

 

 

 

 

この達成感の積み重ねが現実を変えて行くのだ。

 

 

 

 

180度一気に変わることはない。

 

 

 

1度、2度でも変わることに意味があるのだ。

 

 

 

 

 

 

ありがとう、キング牛丼。

 

 

 

 

 

 

 

 

会計をすまし、再び車に乗り込む。

 

 

 

 

 

 

 

窓から吹き込む冷たい風が、

とても気持ちよかった。